1LDK4人ぐらし

新婚時代から住む48㎡1LDKのアパートに暮らし始めて5年。子どもが二人産まれ家族4人になりました。汚部屋脱出を目指してブログを始めました。狭い中でも快適に暮らすコツを探して試行錯誤する日々を綴ります。

【寝室・食堂・おうちキャンプ】汚部屋を脱出したらリビングが5wayになった

汚部屋を脱出したらリビングが5wayになった

最近我が家ではリビングを多用途に使っております。
使用法を数えたら5通りでした。

汚部屋時代では考えられなかったことです。

今回はどんな使い方をしているのかなど、部屋数の少ない1LDKならではの工夫を紹介します。

使用法①リビング

f:id:kosodateminimama:20191007233533j:plain



まずは基本形の通常のリビングです。



使用法②ダイニング


リビングの画像に映っている中央のテーブルで皆でご飯を食べます。



使用法③プレイルーム

f:id:kosodateminimama:20191007233554j:plain


このテーブルを端によけるとスペースがうまれるので、日中は子どもたちのプレイルームになります。

おもちゃをいっぱい広げます。



f:id:kosodateminimama:20191007233623j:plain

使用法④寝室


f:id:kosodateminimama:20191007233648j:plain

夜は布団が3つ並びます。

これまで息子の夜泣きの関係で私と息子はリビングに、娘はパパと一緒に隣の寝室で寝ていました。

しかし、この夏から娘もリビングで寝るようになりました。

リビングにしかエアコンがなく暑がりの子どもには猛暑の熱帯夜はかなりきついだろうと思ったからです。

主人は逆にかなり寒がりで、真夏でも羽毛布団で寝ているため『エアコンがつけっぱなしの部屋は無理』ということで一人寝室に寝ています。

冬になったら4人で寝たいな。


朝起きたら布団は隣の寝室へ移動。


お昼寝用に一つだけ残す場合もあります。


f:id:kosodateminimama:20191007233735j:plain


⑤おうちキャンプ

想像力のない子が増えてしまっています。
大人は明るい清潔感のある部屋を「安心安全」と言うけど、子どもからすれば、暗闇や隠れ家のない場所は安心できない。

引用元:
子どもは親のものですか?赤ちゃん学の第一人者が心配した「親目線の育児」小西行郎さんが残した言葉(withnews) - Yahoo!ニュース

小児科医の小西行郎さんの言葉です。
この記事を読んで、我が家でも子どもたちのために何か隠れ家的なものを作れないかと考えていました。


すると、大好きなミニマリストの森秋子さんの著書に
「部屋の中にテントを張っておうちキャンプを楽しんでいる」
ということが書かれていて実践してみました。


f:id:kosodateminimama:20191007233807j:plain



これがすっごく楽しいらしく、二人で枕や布団やぬいぐるみを持ってきて巣ごもり。

「ママは入っちゃダメだよ。
子どもだけのテントだからね」

と大人禁止令が出るほど。


使っているおもちゃは普段と同じものなのに、テントの中で使うと特別感が出るらしくでこちらとしてはありがたや。

おうちキャンプ楽しんでくれています。

固定観念にしばられていた汚部屋時代


f:id:kosodateminimama:20191007234517j:plain



テントを張れるくらい広くなったんだなぁと汚部屋時代の画像を見てしみじみ思います。



物の量も少なくなったのですが、汚部屋の頃は家具を動かすということが物理的にも精神的にも考えられませんでした。


「ここにはソファがなければいけない」

「ここにはテーブルがなければならない」

「寝室で布団を敷いて寝なければいけない」



誰かに命令されたわけでもないのに。あれは一体なんだったのか。


なので、お部屋がいっぱいある広いお家が欲しくてたまらなかった。



しかし、物を減らすにつれ固定観念が外れました。
「リビングにテント張ってもいいじゃん」という心の余裕がうまれました。



このような使い方なので家具も軽くて自由に動かせる物に好みが変化してきました。


テーブルは自分たちで作った物なのですが、今度もし変える時があったら折り畳み式のものにしようと思っています。

www.kosodateminimama.com



起きて半畳、寝て一畳。


…に近づけてると嬉しい。


マルチに使えるリビングが居心地が良くて今はとても気に入っています。





いつも遊びに来てくださってありがとうございます。
ポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村