1LDK4人ぐらし

新婚時代から住む48㎡1LDKのアパートに暮らし始めて5年。子どもが二人産まれ家族4人になりました。汚部屋脱出を目指してブログを始めました。狭い中でも快適に暮らすコツを探して試行錯誤する日々を綴ります。

【加筆修正】気がついたらアイリスオーヤマのウッドトップチェストに囲まれていた話

※こちらは4月に書いた記事を加筆修正しました。もし読んでいただけたら嬉しいです。

1LDKで大活躍中のアイリスオーヤマのウッドトップチェスト


我が家にはアイリスオーヤマのウッドトップチェストが4つあります。数だけ聞くと少ないかなと思われるかもしれませんが、リビングのゴールデンゾーンに鎮座しております。


「ホームセンターではたまに見かけるけど、メジャーな商品ではないので良く知らない」という方もいらっしゃるかもしれません。
今回はこのウッドトップチェストについて、5年間使ってみた感想やメリット、デメリットをお伝えします。

まず我が家のリビングです。

f:id:kosodateminimama:20190621215043j:plain


壁の一面にアイリスオーヤマのウッドトップチェストが並んでいます。

子どもと私の衣装ケースに

f:id:kosodateminimama:20190407214908j:plain

画面左にある4段タイプ(高さ82センチ、幅32.4センチ)は、子どもと私の洋服や下着を入れてます。
子どもたちは、リビングで着替えをしたほうが圧倒的に楽なので自然とここに置くようになりました。
ベランダで干した洗濯物を、部屋を移動することなくここに畳んで収納できるので楽チンです。

高い収納力

どれくらい入っているのか試しに数えてみました。

トップス
娘→10着、ワンピース2着
息子→9着
私→5着

ボトムス
娘→6着
息子→8着
私→4着

夏服なので薄いということもありますが、ワンシーズン過ごせるだけの量は充分入ります。


ウッド部分が飾り棚に

f:id:kosodateminimama:20190621091833j:plain
私がこのウッドトップチェストで最も気に入っている点はここです。
無印良品の壁に付けられる家具。憧れますね~
でも賃貸なので絶対に壁に穴を開けられない。飾り棚をおくスペースもない。
でも写真やお花を飾る棚は欲しい!そんな思いに応えてくれたのがこのウッド風の天板でした。
鏡を置いてちょっとしたドレッサースペースにも。

意外と高級感もありますよ。
それなりに高さがあるので、1歳児には引き出しの上は届かない所もプラスポイントです。


浅型4段の引き出しがついたAmazon限定タイプ

次に向かって右のウッドトップチェスト。こちらはAmazonのみで販売されているものです。


f:id:kosodateminimama:20190428095449j:plain

こちらの魅力はこの浅型4段の引き出し。
文房具(はさみ、鉛筆、ペン、物差し)、夫の物(車の鍵やハンカチなど、主に出勤の際に身につけるもの)、カメラや小型家電の充電器など、それまで家中のあらゆるところにごちゃごちゃ散らばっていた細々したものが、カテゴリー分けができて一ヶ所にすっきり収まりました。


天板には、コルクボートを置いて写真や工作を飾っています。

また全体の高さが82センチなので、身長100センチの娘も届きます。

f:id:kosodateminimama:20190406220735j:plain

引き出しも4歳児にもスッと開けられるので、お絵かきや工作の道具を好きな時に自分で出せます。
引き出しの色もミルキーホワイトで中身が透けすぎずありがたいです。

デメリット

あえてウッドトップチェストのデメリットをあげるとすると、4段タイプの引き出しが透け透けなところですかね。中身が丸見えになっているのでちょっと恥ずかしい。

でも総合的に見て、とても使い勝手の良い商品です。まだやったことはないのですが棚の数を自由に減らせるというところも良い。

アイリスオーヤマの名品の一つだと思います。


ランキングに参加しています。面白いと思っていただけましたらクリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村