1LDK4人ぐらし

新婚時代から住む48㎡1LDKのアパートに暮らし始めて5年。子どもが二人産まれ家族4人になりました。汚部屋脱出を目指してブログを始めました。狭い中でも快適に暮らすコツを探して試行錯誤する日々を綴ります。

私たちは物を捨てすぎているのかもしれない

先日の記事、たくさんの方に読んでいただいてありがとうございました。

www.kosodateminimama.com


プチはてブ砲というのを喰らったようで、一日のPV数が過去最高の1075でした!
いつも300~500PVを行き来している弱小ブログなので驚きました!
とても嬉しかったです。

ブックマークのコメント欄でもたくさんコメントをいただきありがとうございました。
こんなに褒めていただいて、学習机も浮かばれるでしょう。

f:id:kosodateminimama:20190711214159j:plain



いただいたコメントを読んで考えたのですが、今私たちは物を捨てすぎているのかもしれないですね。

人間、捨てるという行為は避けて通れないです。
自分はミニマリストを目指しているので、いかに減らすか、いかに捨てるかが正義な部分もあります。でも、「買っては捨て、買っては手放しの連続。もう疲れたな~」と感じる時も多々あります。

フリマアプリで売る、リサイクルショップに売る、リサイクルセンターで処分してもらう。

これに慣れてしまえば、捨てるというのはそんなにハードルが高い行為ではありません。
むしろ、達成感が得られて気持ちが良いです。

ただ、この半年ほど物を捨て続けて来ました。
常に「これ要る?要らない?要らないよね?捨てていいよね?」と問いかけながら物と向き合うのに少し疲れてしまう自分もいて。
小さな罪悪感でも積み重なると大きな荷物ですもんね。


汚部屋に戻るのは絶対に嫌ですし、これからも再利用<捨てるほうが圧倒的に多くなりますが、捨てる前に少し立ち止まって考えてみたいなと思いました。
ただ、こうしたことに意識が向くようになったのも、やはり汚部屋を脱出して思考がすっきりしたせいかもしれません。
気づきを下さった皆さまありがとうございました。

追伸
子どもの体調不良のためしばらくブログの更新をお休みします。
また戻って来た時は、良い記事が書けるように頑張ります。皆さまのブログには遊びに行かせていただきますので楽しみにしております(^^)/


ランキングに参加しています。面白いと思っていただけましたらクリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

解体した学習机の天板を使ってダイニングテーブルを作りました

学習机をリメイクしてダイニングテーブルを作りました

f:id:kosodateminimama:20190709224739j:plain

リビングのテーブルを変えたい

皆さんこんばんは。

実はずーっと買い替えたい物がありました。


f:id:kosodateminimama:20190709225416j:plain

このリビングのテーブルです。
食卓であり、子どもたちのお絵かきテーブルでもあります。

f:id:kosodateminimama:20190709230811j:plain
拭いてもとれないマジックの落書きとシールなどなど。汚れてます。

もともとは20年前のコタツ

これ、元々主人が学生の頃、一人暮らしをしていた時に使っていたコタツなんですよねぇ。

とにかく物持ちの良い主人。
新婚時代このアパートに越して来て、テーブルはどうする?という話になったとき「家に使ってないテーブルあるよ」と提案してくれました。「良いね!」と二つ返事で持ってきてもらい、以来何の問題もなく使っておりました。

ですが、子どもたちが大きくなるにつれだんだん狭くなり、椅子を並べてテレビを見る時なんかは「せまいー!」とケンカに。。

しかも、雪国なのでコタツは必須アイテムと思っていたのですが、子どもが生まれてからコタツにあたっている暇がなく、エアコンとストーブで乗りきれるので二年前にコタツのコードを捨ててしまいました。よってコタツの機能なし。

そして、私も家具や収納に興味を持つようになり、「うーん…イケてない」とモヤモヤ。出来ればインスタで良く見るようなおしゃれな木のテーブルが欲しい!

しかし、マイホームを検討している今、新しい家具を買うのか?!
木のオサレテーブルを買って、子どもにペンで落書きされた時に発狂せずにいられるのか?!

そう考えると、買うまでには至らず我慢しておりました。


www.kosodateminimama.com

先日学習机の解体をしている時、天板を見て「これがテーブルになればなぁ。捨てるのもったいないなぁ」と私。
すると主人が「DIYしてみよっか」と、提案に乗ってくれました。

材料費は2900円

ただ、テーブルの脚パーツだけでも高いですよね。

道具代が4000円越えるならDIYは止めようと話をしながらホームセンターに行ったところ、トータルで2900円というビミョーなラインでした(^^;迷いましたが買いました。
f:id:kosodateminimama:20190709225446j:plain

購入したパーツは
・一本527円(安い!)の脚×4
・丸座金×4

です。

f:id:kosodateminimama:20190709234952j:plain

これまた主人が頑張って作ってくれて(←優しいw)、完成したのがこれです。

f:id:kosodateminimama:20190709225503j:plain

うん、まぁ木のテーブルだよね。
すでに息子のペン跡があるけど、30年前の学習机だし気兼ねなくどんどん汚してくれぃ。

素人のDIYなので、耐久性などは不安ですが子どもたちが楽しそうにテーブルの上でチョロQを走らせたりしているのを見ると作って良かったです。

捨てる素材を生かせて、今の家族にぴったりなテーブルが出来たので嬉しいです。



ランキングに参加しています。面白いと思っていただけましたらクリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

【目指せ遺品ゼロ】子ども部屋の大物。学習机をついに処分した話【実家片付け】

学習机をついに処分しました

www.kosodateminimama.com

この記事を書いてから約3ヶ月。

「遺品ゼロで死にたい」と息巻いていたものの、実家の片付けについては難航していました。
ちょこちょこ片付けてはいたのですが、すぱっと捨てられない物だらけ。

思い出との戦いであり、大型家具との戦いであり。

そんな中、ある意味最大の難関だった学習机をやっと処分することができました。

f:id:kosodateminimama:20190707145214j:plain

重い、大きい。夫の力を借りよう

大きすぎて重すぎる学習机。
かれこれ30年ほど前に入学のお祝いに親から買ってもらった物です。(デスクマットがキキララだったなぁ)
自分一人の力では、運び出すのは無理、解体出来るのかも不安でした。

「夫の力を借りれば処分できるかも!」と思い、皆で実家に泊まった日にお願いすると快くオッケーしてくれました。

道具はドライバーと金づちのみでオッケー


用意したのは
①プラスドライバー
②マイナスドライバー
③金づち

の3つです。

f:id:kosodateminimama:20190707145226j:plain

天板の下にネジを発見。このネジを外せば天板が外れて簡単にバラバラになるだろうと二人とも考えていました。

しかし、ネジを外しても天板はびくともしません。

f:id:kosodateminimama:20190707145237j:plain

横に倒して、木と木の隙間にマイナスドライバーを差し込んで金づちで叩きながら何とか解体しました。

f:id:kosodateminimama:20190707145338j:plain

びくともしなかった正体はこれ。木ダボがはまっていて、さらにボンドで接着されているようでした。さすがメイドインジャパン。しっかり作られていますねぇ。


f:id:kosodateminimama:20190707145441j:plain
(↑埃だらけですみません)
夫が汗だくになりながら作業してくれて、何とかここまでの姿になりました。車に積める大きさになったので、市の焼却施設に持っていきました。

f:id:kosodateminimama:20190707145451j:plain

作業は全部で二時間ほどかかりました。

学習机解体のまとめ

かなりの力仕事。女性一人だと厳しいかも

最初は、道具さえあれば自分一人で何とかなるかもと思ってましたが、結局夫の力を借りて何とか解体できました。本当に感謝です。
学習机を横に倒したり、木ダボとボンドを剥がしたりが女性一人だと至難の技です。かなりの力仕事です。

解体に使う道具は一般的な物で大丈夫だった

電動ノコギリが必要かもと考えてましたが、ドライバーと金づちで大丈夫でした。


ある意味、子ども部屋片付けの堰だった学習机。
これを片付けられたことで、終わりに近づいてきたかな。

ちなみに、学習机の天板。
こちらは捨てずにアパートで再利用することにしました。そちらはまた記事にしまますね~。



ランキングに参加しています。面白いと思っていただけましたらクリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

片付けをしていたら欲しい物が手に入った話

最近、あじさいばかりが目に入ります。

あの紫と青が混じったような青、気品のある白、レースを型どったようなフリフリした花びら。
素敵ですよねぇ。

華やかだけどシンプル。太陽の下より曇り空が似合うような日本的な美。
「東洋のバラ」と言われているのもうなずけます。

欲しいな~と思ってました。
ですが、当然アパートに庭はなく。
お花屋さんで一輪だけで売っているのも見つけたのですが、一本500円でちょっと手が届きませんでした。

そんな中、実家の片付けをしてたある日のこと。
ゴミ袋を自分の車に乗せるため駐車場に移動してる最中、ふと実家と隣の家の境の垣根の前にあじさいが咲いているではないですか。


f:id:kosodateminimama:20190706220400j:plain

家の影になって今まで気づいていなかったのですねぇ。花好きの母も「やだー!知らなかった!」と。(こういうところ自分にそっくりだなと思います。遺伝です)

父に聞くと「誰が植えたかは忘れたけど20年前からあった」と。

欲しい物が、実は手に届くところにずっと在ったのですね。

片付けをして要らない物を捨てたら、視界が開けて欲しい物が手にはいるようになったのかな、という気がしてならないです。

f:id:kosodateminimama:20190706220350j:plain

一輪もらって、アパートに飾りました。
日々、花のパワーをもらってます。

ランキングに参加しています。面白いと思っていただけましたらクリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

無印良品の吊るせる収納・シャツポケットは靴下入れに。リビングで行っている2つの吊るす収納

リビングで行っている2つの吊るす収納


皆さまこんにちは。

無印良品の吊るす収納・シャツポケットは靴下入れに

f:id:kosodateminimama:20190705121426j:plain

www.kosodateminimama.com


前回の記事で、脱衣場では使えなくなってしまった無印良品の吊るせる収納・シャツポケットですが、リビングで活躍しております。

f:id:kosodateminimama:20190705060918j:plain

こんな感じで、家族の靴下を入れてます。
ポケットが5つついているので、パパ、ママ、息子、娘のをそれぞれ分けて入れることができます。

5つあるうちの残りの一つのポケットは、子どもたちの片っぽだけになった靴下を入れて見つかるまで待機する場所にしています(^^;

吊るせる洗面用具ポーチにはマッサージ機を


f:id:kosodateminimama:20190705060928j:plain

シャツポケットの後ろには、夫の愛用するマッサージ機を。
こちらは、もともと洗面所で私の化粧水や乳液入れにしていた吊るすタイプのバスルームポーチなのですが、化粧水などの量をかなり減らしてこんなに大きな袋は必要になくなったのでこちらへ移動。
コンセントの近くなので使いたい時に移動する事なく使えて良いかなぁと思っています。


ちなみにシャツポケットを掛けているネジは、もともとエアコンのリモコンをかける用に入居当時から付いていたもの。
マッサージ機は、カーテンのタッセルかけにかけてます。
賃貸で壁に穴を開けられないので、既存の物をいかに生かせるか。日々部屋の中を目を凝らして「何か引っかけられる場所ないかなー」と探しています。

ランキングに参加しています。面白いと思っていただけましたらクリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

やっぱり多くの収納のプロが言う通り、パジャマと下着は脱衣場に置いておくのが正解だった

f:id:kosodateminimama:20190703214641j:plain

「使う場所に使いやすく収納」なら着替えとパジャマは脱衣場

皆さまこんばんは。

先日、リビングの模様替えをした時にふれましたが、リビングにあったウッドトップチェストを一つ脱衣場に移動しました。

「使う場所に使いやすく収納する」という理念でお部屋づくりをしているなら、パジャマも下着も脱衣場にあったほうがいいのでは。
収納のプロのお家も皆そんな感じだし、今、マイホーム作りに向けて展示場巡りなどぼちぼちとしているのですが、やっぱり脱衣場に着替え用の収納があるお家が多い!


そこで試しに、以前無印良品で購入した「吊るせる収納・シャツポケット」の中に、子どもたちの下着とパジャマを入れて脱衣場に吊るしてみました。

下着やパジャマの忘れ物がなくなり便利でした。
しかし、入りきらず見ての通りパンパンに🤣

f:id:kosodateminimama:20190703214710j:plain
吊るす作戦、失敗です(無印良品さんが悪いのではありません。許容量を超えて物を詰め込んだ私が悪いのです)。

ウッドトップチェストを脱衣場に移動

もう、パジャマが入ってるリビングのウッドトップチェストを丸ごと持っていっちゃおうと決めました。


f:id:kosodateminimama:20190703220501j:plain

こんな感じで、子どもや大人たちのパジャマと下着を入れてます。

メリットだらけでした

・乾いた洗濯物をハンガーから外し、お風呂に入る時に洗濯物を一緒に持っていって着替えのついでにチェストに入れちゃえばいいので洗濯物たたみがさらに楽になった

・子どもが自分でパジャマや下着を選んで取り出して着替えるようになった

・雨の日に洗濯機の乾燥機で乾かした日などは、乾燥機から収納場所まで30センチしか離れていない

実践して二週間経ちますが、メリットだらけでした。

ウッドトップチェストの一段目と二段目の間にかけてある無印良品のやわらかポリエチレンケースにはオムツや子ども用のボディクリームが入ってます。お風呂から出た後、しゃがんで着替えさせることが多いので取りやすいこの位置に引っかけました。

ダイソーの組み立てラックはとても良い仕事をしてくれる

f:id:kosodateminimama:20190703232509j:plain

とはいっても狭い脱衣場なので、これまでタオルの収納に使っていた組み立てラックはどこに置こうかと考えた結果、半段小さくしてそのままウッドトップチェストの上に乗せることにしました。
www.kosodateminimama.com

f:id:kosodateminimama:20190703214753j:plain


これは嬉しかった~!
いろんなものがワイヤーネットに引っかけられるようになりました。
早速、体を洗うガーゼを籠に入れて吊るしたり、ティッシュを吊るしたり。

まだまだ吊るせそう。洗面台の上に置いてある、ハンドソープやうがい薬も吊るして収納できないか検討中です。

しかし、組み立てラックはただ乗っているだけなので地震が来たら落ちてしまうかも。息子がいたずらしないかも含めて、ウッドトップチェストに固定する方法を考えなくてはと思います。

読んでいただいてありがとうございました。



にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

1LDKにも風が吹くようになった。子どもたちに根付き始めた「お片付け育」

実は週末に風邪をひいてダウンしてました。

夫に子どもたちを任せて寝室で休んでいたら夫の「寝る前にお片付けしよっかー」と子どもたちに話しかける声が。

え、お片付け??
片付けに興味がない夫が?
そんな言葉、半年前の汚部屋時代には絶対聞けなかった言葉ですよ。

さらに今日、ぬいぐるみを収納ボックスからたくさん出して遊んでいた娘が、弟に向かって「◯◯ちゃん、そろそろお片付けしよっかー」と呼び掛けて遊び終わると一緒にささっと片付けしていました。

感動しました。
我が家で「お片付け」が割と日常の行為になってきている…!

だって、半年前までお片付けしてるのママだけだったよね。夜、寝かしつけた後必死で片付けて、それでも昼間には散らかって汚部屋に戻る状況にイライラ。片付けに無関心な夫にもイライラ。。

それが今や普通にお片付けを家族がやってくれるようになるとは。
空間が住んでる人間に与える影響って大きいですね。


特にソファがなくなってから、部屋にいると自然と「美しいなぁ」と感じる瞬間が増えました。
ベランダに通じる窓の一つをふさいで置いていたソファがなくなったので、部屋に光がたっぷり入ってくるようになったんですよね。

f:id:kosodateminimama:20190702215253j:plain

特に好きなのは、カーテンが風に翻る様。
カーテンに光が当たって白く輝く様を見てると落ちつくんです。

大好きな場所になりました。

ソファがあったころは、ソファに押し潰されてカーテンはためかなかったですもん。

f:id:kosodateminimama:20190702215611j:plain

しかも冬になると結露でびしょびしょに。ソファを退けないと掃除もできないので「まぁいいか」と見てみぬ振りをしてましたが、案の定ソファ撤去後に見たらカビてました。(買い替えました)心の中でいつもモヤモヤしている場所でした。

そこが今や癒しの空間です。
子どもたちも、よくカーテンの中で遊んでいて。
それを見るととても癒されます。

子どもたちに「お片付けしてね」「これはここに戻さなきゃダメだよ」と口うるさく言っているつもりはないので、どうして自然に片付けをしてくれるようになったのか、正確には分からないのですが。

やはり親の背中を見て子どもは育つのでしょうか。

空間が子どもに与えてくれる影響も大きいですよね。

掃除も子どもに伝えたい大事な教育の一つ。
いつか今ママが研究・実行してる汚部屋脱出学を言語化して伝えられればなぁと思います。


読んでいただいてありがとうございました。



にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村